茶色いシミは雨漏りのサイン

天井や壁など、ふと見ると茶色いシミがあるのを発見する事あると思います。
そのシミ、単なる汚れではありません。


壁や天井に現れるシミは雨染みの恐れがあり、雨漏りを起こしている建物と言えます。
シミが出来ている状態までなっていると、かなりの雨漏りが進行している証拠となります。
放っておかず、点検をして対処をする事を強くオススメします。


雨染みが起きている部分の小屋裏などを確認すると、雨漏りにより色ムラなどが出来ています。
このような状態が見受けられたら、1日でも早く雨漏りの補修工事を行わなくてはいけません。


雨漏り補修が終わったら、内装も綺麗にリフォームをしましょう。
雨漏りをした内装は水を含んでいるので、カビなどの有害物質を発生させてしまう恐れがあります。
カビは毒ですので、放っておくのは危険です。

雨漏りの修理はあなたならどうやって業者さんを探しますか?
知り合いに修理できる業者さんがいればいいですが、
なかなかそうもいかないですよね。
今はインターネットでなんでも探せる時代です。
インターネットを使って「防水工事 名古屋」などのキーワードで
Googleやヤフーで検索してみるのも良いでしょう。

業者が決まったら、どのように修理するのかと言うと、
まずは天井と壁は、木下地から取り替えます。
雨漏りの補修で内装工事を行う場合、木下地は残してボード等を
新規で張る場合がありますが、出来れば避けてほしいです。


木下地にも雨が沁みている場合が多く、そこからカビを発生させてしまいますので、良くありません。
雨漏りのカビの影響でアレルギーになってしまう方も居る程ですので、雨漏りのカビを甘く見てはいけません。


木下地を取り替えた上で、ボードを貼り替えてビニールクロス等の仕上げを行いましょう。
ビニールクロス等の仕上げの色ですが、出来れば白っぽい色をオススメします。


その理由は、1度雨漏りをしている家は、補修をしても似た様な場所から雨漏りをしてしまう事があり、
その場合白い内装ですと茶色いシミが発見しやすいからです。


濃い色の内装ですと雨染みが発見しにくくなってしまうので、建物に良くありません。
真っ白い内壁が嫌でしたら、ちょっとクリームがかった色でも良いでしょう。


雨漏りが発見されたら、クリーンな状態に戻す事が理想となります。
見た目だけを直すのではなく、雨の影響を与えられた部分は極力取り除くよう心がけましょう。



雨漏りは風が付いて起きた状態となると、火災保険の風災被害が該当します。
雨漏りで色んな部分を取り替えるのは費用がかかるからと敬遠される方でも、
火災保険はどこのお宅でも殆ど入っている保険ですので、まかなう事が出来ます。


詳しくは、ご加入の火災保険をチェックし、該当するのかを調べてみましょう。
雨漏りの補修工事は、火災保険でまかなっている方は結構いらっしゃいます。
その為、取り替えられる部分は全て取り替えて、クリーンで快適な建物に仕上げましょう。


続きを読む

フローリングのリフォームの際は巾木も取り替えよう

床のフローリングの張替えの際、
フローリングにばかり目が行ってしまい
盲点になってしまう部分があります。

それは、巾木です。

フローリングをリフォームするお宅は、
巾木も古い物を使っています。

古いお宅は、床と巾木の間に隙間が発生しており、
そこから隙間風も発してしまいます。

冬寒く感じるのは、それも大きく影響しています。
せっかくのリフォームですから、
寒い家を回避できるように作りましょう。

巾木でコントロールが出来るのなら、簡単な方法です。

昔の巾木は、1枚板の巾木を使っている事が大半です。
1枚の巾木の場合は壁に釘等で留め付けるので、
壁が動くと一緒に巾木も動きます。

この場合、床と壁は違う動きをする場合が大半なので、
床と壁の間に隙間が空いてしまいます。

このような状態にならないよう開発されたのが、
スライド巾木です。

スライド巾木は、2つの部材から構成されています。

下部の巾木と上部の巾木のジョイント部分は、
1cm程の重ねになっております。

この重ね部分で、床と壁の隙間を作らないようにする事が出来ます。
下部の巾木を床に取付け、上部の巾木を壁に取り付けます。
このようにする事で、床と壁が違う動きをして隙間を開けようとしても、
重ね部分の1cm部分は見た目に隙間を開ける事がありません。
よって、隙間が生じないので隙間風を無くす事が出来ます。

木造の建物が古くなると、このようにどうしても
床と壁に隙間を作ってしまう場合があります。

これは、木造建物の性質上、やむを得ない状況と言えます。
しかし、隙間が出来てしまうのは、
カッコ悪いですし機能的ではありません。
その難点を、スライド巾木がしっかりと解決してくれます。

スライド巾木には、2つの種類があります。
一般的な建材巾木のスライド式と、
本物のラワン等の天然木で出来たスライド式です。

建材の方が安価で、ラワン等の天然木の巾木の方が
高価であり別途塗装工事も必要となります。

ラワン等の天然木の巾木は、
木材本物の良い雰囲気をかもしだし、
高級感を存分に引き出してくれます。

リフォームで使うのであれば、
ラワンなどの天然木巾木を選ぶ事を強くオススメします。

今までの古い巾木とはガラっと変わり、
高級感あふれる床廻りを演出してくれます。

合せて廻り縁もラワン等の天然木の物に変えると、
空間の雰囲気を全体的にガラッと変える事が出来ます。

一気にオシャレな空間になりますので、
とてもオススメです。

高価ですので、居間や玄関ホールのみに
使われるお宅も多く見受けられます。

場所により使う巾木を変えてみるのも、1つの方法と言えます。

<< Next 天然素材の床材とはどんな物があるのか

続きを読む

フローリングのリフォームはいつやる?

フローリングリフォームですが、
基本的に状態が良くなくなったら行わなければいけません。

その中でも1番重視したいのが、居間と玄関ホールです。
特に、玄関ホールが盲点になりがちです。

居間は1番のリフォームと思いつく場所なのですが、
玄関ホールはついつい忘れられてしまいます。

1番フローリングを酷使しているのは、玄関ホールです。
全ての部屋のフローリング張替えが出来ない場合は、
まずは居間と玄関ホールを行うようにしましょう。

フローリングを長い間使い続ける為には、
以下の事に気を付けるようにしましょう。

・直射日光を避ける
フローリングは直射日光に非常に弱く、
フローリング表面が日焼けしてしまい、
表面劣化をさせてしまいます。

カーテンやブラインドを上手く活用に、
窓ガラスにUVシートを張っておくと
フローリングへの紫外線の影響を妨げる事が出来ます。
UVシートはお肌にも良いので、とてもオススメです。

・傷防止
ひっかき傷や重い物を置くと、
フローリングの致命的な負担をかけてしまいます。

重い物を置く場合は、保護板や緩衝材を
敷いた上に置く事をオススメします。
椅子などを引きずるのは、絶対にしてはいけません。

・薬剤に注意
フローリングに洗剤や薬剤、灯油などを
こぼしてしまうと、シミになります。
即座に拭く事を、オススメします。
薬剤により表面劣化してしまい、
フローリングの寿命を一気に進めてしまいます。

・定期的にワックスをかける
フローリングには、やはりワックスが必須です。
ワックスがフローリングをコートしてくれるので、
フローリングを守る事が出来ます。

フローリングの種類によって適したワックスがありますので、
そちらを使うと良いでしょう。
解らない場合は、施工業者に問い合わせると教えてくれます。

フローリングの張替えはただの内装工事と
思っている方も多いと思いますが、
このように床下の点検などにより、
建物の寿命を高める事が出来る絶好のチャンスです。

きちんと細かく点検をして、
建物の寿命を高める事が出来る床のリフォームにしましょう。

<< Next フローリングのリフォームの際は巾木も取り替えよう

続きを読む

機能的なフローリング

フローリングには、昔には無い機能的な
フローリングがあります。

昔のフローリングは一般的な
普及品を使っている場合が大半なので、
これを機に機能的なフローリングに
目を向けてみるのもオススメです。

・ワックスフリーフローリング
ワックスフリーのフローリングは、
文字通りワックスが不要なフローリングです。

乾拭きで拭いてお手入れするだけで、
簡単に綺麗なフローリングを維持する事が出来ます。

ワックス効果がフローリング表面に効いているので、
万が一マジックやクレヨンで汚される事があっても、
サッと拭くだけで綺麗に取り除く事が出来ます。

傷や汚れが付き難い性質がありますので、
長い間綺麗なフローリングを維持する事が出来ます。

・ペット対応フローリング
ペットタイプのフローリングは、
傷や汚れに非常に強いフローリングです。

アンモニア防止加工をしたフローリングもあり、
犬がおしっこをしても余計な臭いや色むらを付ける事がありません。

・ムクフローリング
素材の本物感を最大限に発揮できる、フローリングです。
歩行時に弾力感や重圧感を感じる事が出来るのは、
ムク材の大きな価値です。

1枚板が基本なので、
傷が目立たなく丈夫なのも大きな利点です。
転倒時のショックを和らげる事が出来るので、
小さいお子さんやお年寄りが居るお宅に適しています。

・複合フローリング
防音効果が高く耐水性と耐摩耗性も高いので、
住宅にとても向いているフローリングです。

ホルムアルデヒド対策は最高等級であり、
VOCも含めて、室内空気汚染の原因物質を防ぐ事が出来る、
とても理想的なフローリングです。

お子さんやペットの居るお宅には、
とても最適なフローリングです。

<< Next フローリングのリフォームはいつやる?

続きを読む

フローリングの張替えのタイミング

床材は、毎日歩き回る事で相当酷使され、
どんどん傷んでいきます。

フローリングは、どのようなタイミングで
皆さん張り替えようと思うのでしょうか。

おおよそ、10~15年程が
タイミングの理想と言われています。

フローリングの張替えの判断ポイントは、
下記が挙げられます。

・床鳴り
・床のキシミ
・床のたわみ
・傷や汚れ、色あせの酷さ
・表面の仕上げの板が剥がれてきた


フローリングに明らかな不具合が生じているのに、
あまりにも長期間放っておくと、
根太や大引き、土台にまで傷みが広がる場合があります。

そこまで致命的な状態になってしまうと、
大掛かりな修繕となってしまいますので、
必要以上の費用がかかってしまいます。

傷みやきしみ等は、
軽度の状態でフローリングの張替えをする事を
オススメします。

その他、このようなタイミングで
フローリングの張替えを行うお宅もあります。

・壁紙のリフォームの際に一緒に張り替える
・お部屋のイメージをガラッと変えたい
・家族が結婚したのでけじめとして床をリフォームしたい
・環境を考えて高機能のフローリングに張り替えたい


床に不具合を感じる場合は、
床下地のリフォームも一緒に行いましょう。

床がたわんだりきしんでいる場合は、
床下の何かが腐蝕している場合があります。

1番に考えられるのは、外壁等からの雨漏りによって
床構造材に浸食し、腐蝕を起こしているパターンです。

このパターンは意外に多く、雨漏りが床構造材に
長期間水を浸食させる事で影響を及ぼしてしまうのです。

フローリング張替え時には、
必ず下地のベニヤ(若しくはコンパネ)を剥がして、
床下の構造材部分に不具合が無いのかを必ず確認しましょう。

フローロングの張替え時は、床下の点検を出来る絶好のチャンスです。
フローリングを撤去し、下地のベニヤ(もしくはコンパネ)も取り除きます。

その下の床根太や根太受け、大引き、土台の
腐食も考えられますので、細かく点検をします。

少しでもおかしいなという部分は、
きちんと補修して頑丈な状態にしてから、
再度床を組んで新規床材を張り替えます。

全て点検をして、それほど床下地が傷んでいないと
確認出来た場合が、そのまま復旧して
フローリングのみを新規で取り替えても大丈夫です。

<< Next 機能的なフローリング

続きを読む

台所の床材の選び方

台所の床材にはフローリングは不向きであると
前回書きました。

台所のという特性に合わせた床材を選び、
床の腐食を避けるようにしましょう。

見た目だけにとらわれていると、
建物の寿命を簡単に短くさせてしまいます。

台所の床材にオススメなのは、
クッションフロアや長尺シート等のシート材です。

シート材は表面が防水効果されているので、
水を弾き浸透させません。

キッチンとシート材の取り合いはコーキング施工をする事で、
隙間部分からの水の浸透も防ぐ事が出来ます。

水の浸食が気になる場合は、取り合いやジョイント部分の
コーキングをきちんと行ってもらうように依頼しましょう。

その他、タイル材や表面加工をしたコルク材等も、
水廻りの床にはオススメです。

見た目を気にするのであれば、クッションフロアに
フローリング模様のシート材があります。

居間の床材と似た様な柄や色を選ぶと、
居間の延長戦のように見えるので空間を広く見せる事が出来ます。

適材適所の材料を選んで使うようにし、
建物の寿命を少しでも長く出来る建物にしましょう。

<< Next フローリングの貼り替えのタイミング

続きを読む