茶色いシミは雨漏りのサイン

天井や壁など、ふと見ると茶色いシミがあるのを発見する事あると思います。
そのシミ、単なる汚れではありません。


壁や天井に現れるシミは雨染みの恐れがあり、雨漏りを起こしている建物と言えます。
シミが出来ている状態までなっていると、かなりの雨漏りが進行している証拠となります。
放っておかず、点検をして対処をする事を強くオススメします。


雨染みが起きている部分の小屋裏などを確認すると、雨漏りにより色ムラなどが出来ています。
このような状態が見受けられたら、1日でも早く雨漏りの補修工事を行わなくてはいけません。


雨漏り補修が終わったら、内装も綺麗にリフォームをしましょう。
雨漏りをした内装は水を含んでいるので、カビなどの有害物質を発生させてしまう恐れがあります。
カビは毒ですので、放っておくのは危険です。

雨漏りの修理はあなたならどうやって業者さんを探しますか?
知り合いに修理できる業者さんがいればいいですが、
なかなかそうもいかないですよね。
今はインターネットでなんでも探せる時代です。
インターネットを使って「防水工事 名古屋」などのキーワードで
Googleやヤフーで検索してみるのも良いでしょう。

業者が決まったら、どのように修理するのかと言うと、
まずは天井と壁は、木下地から取り替えます。
雨漏りの補修で内装工事を行う場合、木下地は残してボード等を
新規で張る場合がありますが、出来れば避けてほしいです。


木下地にも雨が沁みている場合が多く、そこからカビを発生させてしまいますので、良くありません。
雨漏りのカビの影響でアレルギーになってしまう方も居る程ですので、雨漏りのカビを甘く見てはいけません。


木下地を取り替えた上で、ボードを貼り替えてビニールクロス等の仕上げを行いましょう。
ビニールクロス等の仕上げの色ですが、出来れば白っぽい色をオススメします。


その理由は、1度雨漏りをしている家は、補修をしても似た様な場所から雨漏りをしてしまう事があり、
その場合白い内装ですと茶色いシミが発見しやすいからです。


濃い色の内装ですと雨染みが発見しにくくなってしまうので、建物に良くありません。
真っ白い内壁が嫌でしたら、ちょっとクリームがかった色でも良いでしょう。


雨漏りが発見されたら、クリーンな状態に戻す事が理想となります。
見た目だけを直すのではなく、雨の影響を与えられた部分は極力取り除くよう心がけましょう。



雨漏りは風が付いて起きた状態となると、火災保険の風災被害が該当します。
雨漏りで色んな部分を取り替えるのは費用がかかるからと敬遠される方でも、
火災保険はどこのお宅でも殆ど入っている保険ですので、まかなう事が出来ます。


詳しくは、ご加入の火災保険をチェックし、該当するのかを調べてみましょう。
雨漏りの補修工事は、火災保険でまかなっている方は結構いらっしゃいます。
その為、取り替えられる部分は全て取り替えて、クリーンで快適な建物に仕上げましょう。


内装のコーディネートのポイント2

前回はカラーについて書きました。
今回選び方です。

北向きの玄関や水廻り等は、
ワントーン明るい壁紙を選ぶと明るい空間を作る事が出来ます。
無地で物足りないと思ったら、
コテ塗り仕上げ等の多少の凹凸がある壁紙をオススメします。

壁紙を選ぶ際の最大の難点が、
天井の壁紙選びと言われています。
天井の壁紙選びが難しいと思ったら、
壁紙が奇抜では無く無難な物であれば、
壁と天井を同じテクスチャーに合わせると良いでしょう。
意外とスッキリし、無難に仕上げる事が出来ます。

また、最近の住宅で流行っているのが
アクセントクロスです。
お部屋の1面のみを全く違う壁紙を張る、
という手法です。

1面のみ花柄などの柄物の奇抜な派手な壁紙を使い、
残り3面はシンプルな壁紙にするなど、
とても部屋がカッコよくオシャレになります。

壁紙を選ぶ時は、大きいサンプルで
確認するようにしましょう。

壁紙の見本帳のサンプルはとても小さいので、
複数を選んで壁紙屋さんに大きなサンプルを
作ってもらうと解りやすくなります。

A4程度の大きさのサンプルは作成可能ですので、
是非依頼してみましょう。

また、壁紙のメーカーに行くと、
大きなサイズのサンプルを見る事が出来るので、
オススメです。

壁紙のカラーや柄の選び方を変えるだけで、
空間の雰囲気が大きく変わります。

よく考えて、自分の理想な内装作りをしましょう。

内装のコーディネートのポイント1

内装のリフォームをする際は、
どんな色合いにすればいいのか
迷ってしまう事あると思います。

そこで、内装リフォームの際に失敗しないよう、
内装の色合いのパターンや選定ポイント等をまとめてみました。

意外と簡単に内装のカラーや柄を
決める事が出来るので、
内装選びのストレスが解消されますよ。

無難に内装を選ぶ為には、
無地の建材がオススメです。

ビニールクロス、クッションフロアなど、
柄に迷った時は無地を選んでみましょう。

無地は、他の什器や家具、建具等を
簡単にマッチする事が出来るので、
失敗無く無難にインテリアを作る事が出来ます。

無難に作るというと妥協したように聞こえますが、
内装のコーディネートを無難に作る事はとても難しい事です。

内装のカラーの選び方は、
まずはベースとなるカラーを決める所から始まります。
カラーの使い方が、1番内装のイメージのカギを握ります。
内装のカラーには、これらの意味や効果があります。

・ベージュやオフホワイト、オレンジ
温かい雰囲気を作る事が出来、
明るい空間を作る事が出来ます。 

お料理等の食べ物を美味しく演出する効果を発揮し、
物を綺麗に見せてくれる効果があります。

ダイニングでは食べ物を扱うので、
オレンジ系がオススメです。

また、木製の家具がある場合は、
ベージュ系のカラーはナチュラルな
雰囲気をかもし出してくれます。

更にベージュ系は、落ち着いた雰囲気を
かもし出してくれるので、
基本のベース色とも言えるでしょう。

・緑や青
緊張感や疲れを癒す効果を持っており、
寝室に適していると言われています。

また、リビングにも使う事で、
癒されるリビング作りになる事が出来ます。

緑が意外と合うのが、浴室です。
浴室に使う事で、暖かみのある清潔感を発揮してくれます。
湿気が多い浴室では、とても良い効果を発揮してくれます。
ユニットバスの湯船のカラーや床のカラーなど、オススメです。

・グレー系
モダンでクールでカッコいい雰囲気を、演出してくれます。
男性の部屋に、適したカラーです。

・ブラウン系
淡いブラウン系は、優しい印象を作ります。
逆に濃いブラウン系は、
重圧なカッコいい雰囲気を作り出します。

<< Next 内装コーディネートのポイント2

天然素材の床材とはどんな物があるのか2

前回に続き、天然素材の床材のご紹介です。

・大理石
独特の光沢を発して高級感を発揮する
大理石は、耐久性が物凄く高い床材です。

玄関ホールやリビング、玄関の床等に使い、
重圧でオシャレな雰囲気を引き出します。

難点と言えば、日本では素足で部屋の中を歩行するので、
真冬は足が冷たくなるデメリットがあります。

その為、床暖房を併用して寒さを気にしないように
しているお宅も多く見受けられます。

強く固い材料ですので、
小さいお子さんやお年寄りが居るお宅にはオススメ出来ません。

・テラコッタ
粘土で作られた陶器製の床材でのタイルで、
脚触りの良い暖かみのあるタイルです。

テラコッタを室内の床に使い、
個性的な雰囲気を演出しているお宅は随分と増えました。

大理石と同様に足元が冷たく感じる事があるので、
床暖房と併用するお宅が多く見受けられます。

玄関ホールやリビング等に、部分的に使って
オシャレを引き出したり等と、用途は様々です。

割と堅い素材ですので、
小さいお子さんが居るご家庭には適しません。

・無垢材
優れた調湿効果を持っており、
さらっとした感覚で使えるフローリングです。

木材ですので、見た目にも優しく床にピッタリな材料と言えます。
天然木ですので、使い続ける事で味わいが出てくるメリットもあります。

保育園や幼稚園で使われる程脚触りが良いので、
小さなお子さんやお年寄りが居るご家庭に適しています。

パイン、桐、杉、ヒノキ、サイプレス、チェストナット、
ウォルナット、チーク、パーチ、オーク、ナラ、タモ等
様々な木目や色、硬さがありますので、
お好みの物を選んで使ってみましょう。

・ココヤシ
耐久性が大変高く、非常に強い床材です。
耐水性や通気性にも富んでいるので、
水廻りにもとても最適です。

・サイザル朝
汚れや水に強いのが大きな特徴であり、
強靭な素材ですので傷などが付くにくいメリットがあります。

柔軟性や弾力でもありますので、裸足で歩く空間にオススメです。

・籐
消臭や殺菌効果があるので、
脱衣室等の湿気が多く臭いが気になる空間に適しています。

足触りが良い素材ですので、素足で歩く場所に適しています。

フローリング等建材の床材は安価で使いやすいですが、
このような天然素材の床材はリフォーム等で
採用される事が多くなった材料です。

新築の時には手が出さなかった天然素材の床材は、
部分的なリフォームの際に手が届く床材になります。

個性と使い易い床を作る為にも、
このような天然の床材を使う事もオスススメです。

多くなってきているアレルギーやアトピーは、
化学物質を含んだ建材を使う事で室内汚染になってしまう事で、
起きている傾向があります。

化学物質が持っている危険性の認知度が素人さんにも
広がってきたので、自然素材が求められるようになってきました。

家に居る時は、殆どの時間を床の上で過ごす事が大半です。
その為、床からの人体への影響は物凄く大きい傾向があります。

健康で元気な日々を送る為にも、
このような自然素材を床に使う事をオススメします。

<< Next 内装のコーディネートのポイント

天然素材の床材とはどんな物があるのか 1

床材は、フローリングや
クッションシートだけではありません。

天然素材の床材は、
最近時に注目されている床材です。

脚触りが良く快適だったり
個性的な床に出来るという部分が、
とても評価されています。

また、建材床材独特のシックハウスの影響は
絶対に出ない材料ばかりですので、
アレルギー持ちの方が居るお宅には、
このような自然素材の床材を求められるようになりました。

特に、リフォームで使う場合は、
このような個性的な床材を採用される宅が増えました。

どのような天然素材の床材があるのか、ご紹介いたします。

・コルク
コルクは、暖かみと弾力性の高さにより、
とても支持されるようになった床材です。

コルクは、樫の樹皮を原料とし作った
木質系の床材であり、コルクを粒状に加工し焼き固めた材料です。

コルクの床材は、それを板状にして
コルクフローリングに加工した物です。

吸音性と断熱性、保温性、弾力性、耐水性にも
優れているので、足腰が疲れにくく
快適な床になる大きなメリットがあります。

コルクフローリングは表面加工されている物が殆どなので、
水にも強いので水廻りの裸足で歩く空間に使われる事も増えました。

コルクと言えばベージュやブラウン系を想像しますが、
ブラックやホワイトのコルク材もあり、オシャレな床を演出してくれます。

もちろん、リビングや各居室などにも使われるようになりました。
小さなお子さんが居たりお年寄りが居るお宅では、選ばれる事が増えました。

・竹
竹の繊維を組み合わせて圧縮した竹の床材は、
バンブーフローリングと言われています。

竹ですので、大変強度が高いのが大きなメリット。

傷が付きにくく収縮膨張も一切ないので、
床材として非常に使いやすく重宝します。

床暖房に適したバンブーフローリングもあります。
裸足で歩行するような、
洗面所や台所に採用される事が多いです。

・畳
一時期和室が少なくなってきた傾向がありますが、
また最近和室の良さを感じる方が非常に増えました。

畳の天然素材といえば、い草です。

い草には健康効果があり、
空気を浄化させたり歩行する足を清潔にする
作用があるので、水虫に良いと言われています。

また、思考能力も上がると言われており、
畳の部屋で勉強する事は勉強の精度を
上げる事が出来ると言われています。

い草から発せられる香りは
アロマ効果があるので、癒される床です。

最近の畳は琉球畳やヘリ無しや無地のヘリを使う等、
昔の畳とは雰囲気が変わりました。

少しモダンさを引き出しながら、
和室を演出してくれます。

最近は和紙を使った建材畳が増えましたが、
昔からのい草の畳には大きな意味があります。

畳を使うのであれば、
建材畳ではなくい草をの畳をオススメします。

<< Next 天然素材の床材とはどんなものがあるのか2

フローリングのリフォームの際は巾木も取り替えよう

床のフローリングの張替えの際、
フローリングにばかり目が行ってしまい
盲点になってしまう部分があります。

それは、巾木です。

フローリングをリフォームするお宅は、
巾木も古い物を使っています。

古いお宅は、床と巾木の間に隙間が発生しており、
そこから隙間風も発してしまいます。

冬寒く感じるのは、それも大きく影響しています。
せっかくのリフォームですから、
寒い家を回避できるように作りましょう。

巾木でコントロールが出来るのなら、簡単な方法です。

昔の巾木は、1枚板の巾木を使っている事が大半です。
1枚の巾木の場合は壁に釘等で留め付けるので、
壁が動くと一緒に巾木も動きます。

この場合、床と壁は違う動きをする場合が大半なので、
床と壁の間に隙間が空いてしまいます。

このような状態にならないよう開発されたのが、
スライド巾木です。

スライド巾木は、2つの部材から構成されています。

下部の巾木と上部の巾木のジョイント部分は、
1cm程の重ねになっております。

この重ね部分で、床と壁の隙間を作らないようにする事が出来ます。
下部の巾木を床に取付け、上部の巾木を壁に取り付けます。
このようにする事で、床と壁が違う動きをして隙間を開けようとしても、
重ね部分の1cm部分は見た目に隙間を開ける事がありません。
よって、隙間が生じないので隙間風を無くす事が出来ます。

木造の建物が古くなると、このようにどうしても
床と壁に隙間を作ってしまう場合があります。

これは、木造建物の性質上、やむを得ない状況と言えます。
しかし、隙間が出来てしまうのは、
カッコ悪いですし機能的ではありません。
その難点を、スライド巾木がしっかりと解決してくれます。

スライド巾木には、2つの種類があります。
一般的な建材巾木のスライド式と、
本物のラワン等の天然木で出来たスライド式です。

建材の方が安価で、ラワン等の天然木の巾木の方が
高価であり別途塗装工事も必要となります。

ラワン等の天然木の巾木は、
木材本物の良い雰囲気をかもしだし、
高級感を存分に引き出してくれます。

リフォームで使うのであれば、
ラワンなどの天然木巾木を選ぶ事を強くオススメします。

今までの古い巾木とはガラっと変わり、
高級感あふれる床廻りを演出してくれます。

合せて廻り縁もラワン等の天然木の物に変えると、
空間の雰囲気を全体的にガラッと変える事が出来ます。

一気にオシャレな空間になりますので、
とてもオススメです。

高価ですので、居間や玄関ホールのみに
使われるお宅も多く見受けられます。

場所により使う巾木を変えてみるのも、1つの方法と言えます。

<< Next 天然素材の床材とはどんな物があるのか